京都市中央市場 京都市中央市場

メニュー

市場について

買出人・生産者の皆様へ

仕入れをしたい

京都市中央市場から仕入れよう
(1)京都市中央市場は、毎日、国内外から大量・多品種の生鮮食料品を集め、需要と供給を突き合わせて短時間で適正な価格を付け、迅速に分荷して買出人に販売するとともに、衛生を管理する職員が検査・監視することで、消費者に安全・安心な食材を安定的に供給しています。
(2)京都市中央市場には、水産物・青果物だけでなく、食に関する様々なものを取りそろえて扱う店舗があります。乾物、漬物、佃煮、肉類、卵、練り製品、陶器、調理器具なども市場内で購入することができます。

問い合わせ先一覧

平日10:00~16:00(休場日除く)
※平日の休場日はカレンダーをご覧ください。

  • 京都中央市場青果卸売協同組合
    野菜(そ菜、つま物、菌茸)・果実の仕入れ

    地元産(京都・滋賀産)以外の「遠地野菜(輸入物を含む)」及び京都産の松茸や栗等の一部の野菜と、全国各地・世界各国の「果物」を取扱っております。

    京都中央市場青果卸売協同組合
    電話:075-311-6485(担当:武村、山内)

  • 京都野菜卸売協同組合
    京野菜(京の伝統野菜)の仕入れ

    京都府及び滋賀県産の「近郷野菜」や約30種の京野菜を専門に取扱っており、季節にあった地場産の野菜を料理屋・スーパー等に卸しております。

    京都野菜卸売協同組合
    電話:075-311-6533(担当:樋口)

  • 京都全魚類卸協同組合
    生鮮魚介類の仕入れ

    日本はもとより、世界各国で水揚げされた四季折々の旬の新鮮な魚介類を扱っております。

    京都全魚類卸協同組合
    電話:075-311-6067(担当:八木、中村)

  • 京都塩干魚卸協同組合
    塩干魚の仕入れ

    京都市場では、京の食文化を陰で支えてきた全国でも選りすぐりの上質の塩干食材を扱っています。

    京都塩干魚卸協同組合
    電話:075-312-5246(担当:吉田、折登)

出荷をしたい

京都市中央市場へ出荷しよう
京都市中央市場では、卸売会社が生鮮食料品を集めて、仲卸店舗へせり売りや相対売りで卸しています。大量で多品種の食材を毎日確保するためには、生産者の力が欠かせません。

青果物を売りたい
  • 京都青果合同株式会社
    京都青果合同株式会社

    日本各地及び世界から野菜・果物・京野菜を集荷して、京都市中央市場に卸しています。また、食育活動や京都の食文化の振興にも取り組んでいます。

    京都青果合同株式会社
    電話:075-315-8212(総務部)

水産品を出荷したい
  • 大京魚類株式会社
    大京魚類株式会社

    安全・安心な生鮮魚介類を、日本近海及び世界の海から集め、京都市中央市場を通して、スーパーや料理屋の店頭作り、そして消費者の食卓作りに務めています。

    大京魚類株式会社
    電話:075-321-3121(総務部)

  • 株式会社大水京都支社
    株式会社大水京都支社

    産地から消費者をつなぐ架け橋として、水産物の流通を担っています。近畿圏の中央卸売市場でも、卸売会社としての役割を果たしています。

    株式会社大水京都支社
    電話:075-321-2101(総務部)